ヒトモノラボBLOG

そうだラオスに…行けない4:旅行代理店のおかげで、した!

  • LINEで送る

こんにちは。
人とモノの関係をよりよくする・ヒトモノラボの石渡知里です。

昨年の11月上旬にラオス旅行に行ってきました。
その時の記録をだらだらと更新しています。

「整理収納」や「片付け」とはまったく関係が無い内容が多数ありますが、石渡知里という人間を知っていただくきっかけになればと思っています。

ラオス旅行シリーズ第4話。なのにまだラオスに到着できません(笑)

航空券を自分で買う

電車でどんぶらこ~と横須賀に帰る途中。
今日中に日本を発ち明日午前中にラオスに到着する便あるかな?と検索するも、乗り換えが不便。

「そうか、旅行代理店に寄って明日の飛行機とってもらえばいいか!」
と気づき帰宅途中で今回の旅の手配をしたSTWorld横浜店に寄ることにしました。(…ちょうどいい位置に店があって良かった)

パスポート忘れというハプニング客にも落ち着いた接客をしてくれるSTworldのお兄さん。彼曰わく、旅行代理店で航空券を取るより自分で航空券を取ったほうが安いらしい。
お兄さんには得にならないけど、素敵な案内をありがとう!ここは言うとおりスカイスキャナーで飛行機を探して支払う。

往復ともに、日本ーベトナム間はLCCベトジェット、ベトナムーラオス間はラオス国営航空でチケットが取れました。

空港内乗り換えが出来ないみたいですが、仕方ない。もはやパスポートを忘れた衝撃に勝てるイベントはない(笑)

ベトナム入国乗り換えの罠

航空取れたし、乗り換えは一度入国が必要みたいだけど「ラオスに行けるなら何でもいい!」と喜んでいたのも束の間、ベトナムVISA問題が発生。

【ベトナム アライバルVISA】問題、【ベトナム 30日ルール】問題です。
※2020年7月にはこの問題が解決する予定のようです。

今までベトナムを経由する事があったけれど、一度もアライバルVISA問題に引っかかった事ないのは空港内乗り換えだったかららしい。パスポートさえ忘れていなかったらスルッとベトナム通過コースだったのにね。

詳細は省きますがベトナムで入国して乗り換えをする場合、行きか帰りでアライバルVISAを取得する必要があるようです。

アライバルVISA申請に必要なものは以下の通りです。
私はSTWorldのお兄さんに申請用紙などは準備してもらいました。

  • 招聘状(しょうへいじょう)
  • アライバルVISA申請書
  • 証明写真(60mm×40mm)
  • 25US$

これらを用意するために前泊先のホテルとコンビニを行ったり来たり。スマホがあればメールに添付されたPDFファイルを印刷したり、証明写真(自撮り)を印刷したり出来るのはありがたいことですね。

証明写真は数枚だけ必要ならピクチャンというサービスがオススメです。コンビニのコピー機があれば200円で証明写真を印刷できます。

こんなに便利なサービスがあるのを知りませんでした。
緊急で証明写真が必要になったら、スマホで自撮り&ピクチャンで印刷してみてくださいね。

さぁ、これで準備OK。
あとは明日の飛行機に無事乗れるかどうかだわ…。

  • LINEで送る