若者が考える終活とは

00.若者が考える終活とは

  • LINEで送る

突然ですが皆さんは「終活」と聞いた時にどのようなイベントを想像しますか?

老いたら考えること?
定年退職してから考えること?
死が見えてきたら考えること?

「終活」と聞いて想像する内容は人それぞれです。

家族葬を通して気づいたことから終活について考えてみました。

30歳の自分を「若者」という表現をするのはどうなのかなと思ったのですが、少なくとも終活世代からしたら30歳は若者の部類に入るのではないかと感じています。このBLOGでは終活世代ではない人が終活について考えてみた内容になっています。

もくじ

01.家族葬から考える終活とは

02.死は遠くにあるのか

03.自分の葬式をコーディネイトする

04.自分の終活を家族と共有する

05.自分の死後、残ったモノをどうするか

終活では大事なのは「今を生きること」だそうです。
今をイキイキ生きるために必要なモノを見直すのが、終活お片付けなのかもしれません。

  • LINEで送る

この1日が意識を変える、暮らしが変わる。

整理収納は自分の「したい」を叶えるためのツールです。


整理収納の理論はモノを片付けるだけではありません。

時間を整理したい、情報を整理したいという要望にも応えることができます。

整理収納とは限られたスペースに収めるモノを選択する技術です。


辛い片付けから、楽しい整理収納へ。

1日で取れる片付けの資格がここにあります。


整理収納アドバイザー2級認定講座の日程を確認する