わけるくんで分けてみた

わける010.枝豆の殻を分けてみた

  • LINEで送る

こんにちは、ヒトモノラボの石渡知里です。
ここ2日間長文のブログをアップしたので、今日は久し振りのわけるくんシリーズです。

ベタつく暑さが続く日々。ここまで暑いと普段は飲まないビールだって美味しく感じます。

ビールのお供といえば枝豆。我が家ではほぼ毎日枝豆が夕食のおかずに出てきます。数年前から枝豆ブームです。体内から出て行った塩分を枝豆にかかった塩で補給します。あぁ、疲れた身体に染み渡る…。

その枝豆の殻の置き方を先日、Instagramにupしました。私は殻を揃えて置く派です。部屋の中はごちゃごちゃ、プラケースの中もごちゃごちゃ、なのに枝豆の殻は並べて置きます。一緒に呑んでいる人に「ゾッとするわ」と言われたことがあります。

この光景をわけるとわかるわけるくんで表現してみようと思います。

枝豆をひとつ取り、豆を食し、殻を置く。この行為をわけるくんで表現してみることにしました。

枝豆を食べているときのことを再現していったので、1枚ずつ色板カードを手に取り、所定の場所に置いていきます。

五角形は3粒以上入っている枝豆、四角形は2粒入っている枝豆、三角形は1粒入っている枝豆。選り好みせずランダムにカードを手に取っていきます。

結果はこんな感じ。


「わけるとわかるわけるくん®」は、関美恵子先生の登録商標です。

左)私の置き方、真ん中)一般の人の置き方、右)誰かと一緒に食べているときの置き方

写真がうまく撮れずそろっているようにはみえないけど…右側は辺を揃えて置いているんです。

誰かと一緒に枝豆を食べる場合、私は自分の並べ方を他人には強要しないのでお皿の中で2種類の並び方が共存します。

あぁ、枝豆のブログ書いていたら一杯呑みたくなってきました。

皆さんは枝豆の殻、どういう風に置いていますか?

  • LINEで送る

片付けは「分ける」の連続だ!

自分の分け方がわかる「わけるくん」は、

整理収納の基本である分け方に悩む人を救う救世主!


自分に合った分け方が分かればモノを分けるのがとても楽しくなります♪


わけるくんがどんなものか触ってみたい人はわけるくん入門講座がオススメ!


わけるとわかるわけるくんホームページ