ヒトモノラボBLOG

花切りばさみの定位置を考える~問題解決編~

  • LINEで送る

こんにちはヒトモノラボの石渡知里です。
今日は昨日の花切りばさみはどこに置くか問題の解決編です。

ここで問題になるのは花切りばさみをどこに置くのかよいか?ということ。
キッチンに置く?玄関に置く?他の場所に置く?
あなたならどこに置きますか?

https://www.hitomonolab.com/blog-20190707

前回は、ここで終わっていました。
これを読んでくれた皆さまならどのように解決するでしょうか?
ここでは我が家の事例を一つのコタエとして見ていただこうと思います。

※このコタエが最良の解決策ではないという事を肝に銘じてくださいね

そもそも、我が家ではなぜキッチンに置いているのかというと…
母が花を生ける場所がキッチンなのです。つまり、キッチンで花切りばさみが必要になります。たぶん移動されちゃ困るのです。

花を摘んだり生けたりするのが好きな人にとってはこの動作がそんなに苦じゃない。
①キッチンに花切りばさみを取りに行く

②玄関から庭に出て花を摘む

③摘んだ花をキッチンに持っていき玄関に飾る花を生ける

花を摘んだり生けたりするのにそこまで興味がない人にとってはキッチンと玄関の往復が苦痛。片道20歩、往復40歩が苦痛なんです。苦痛と感じるくらいなら「やらない」という選択をいとも簡単にします。

では、苦手な人にも花を摘んでもらうためにどうすれば良いか?

花切りばさみをもう一本購入し、玄関とキッチンに1本ずつハサミを置く。
モノは増えるけれど、家族が花を摘んでくれる可能性が上がる方を選択しました。

…というか、私がそのようにプレゼンしました(笑)

整理収納の知識を得てから、このような環境になったら私はこんなことができるようになります!というプレゼンを家族に出来るようになりました。
必要なモノを増やしてもらったり、不必要なモノを減らしてもらったり、家の主だけが快適空間ではなく、一緒に住む人も快適な空間を作ることで、主の家事仕事が少しでも軽くなったらイイな~と思うのです。

皆さんの家では、花切りばさみをどこに置いていますか?

  • LINEで送る

この1日が意識を変える、暮らしが変わる。

整理収納は自分の「したい」を叶えるためのツールです。


整理収納の理論はモノを片付けるだけではありません。

時間を整理したい、情報を整理したいという要望にも応えることができます。

整理収納とは限られたスペースに収めるモノを選択する技術です。


辛い片付けから、楽しい整理収納へ。

1日で取れる片付けの資格がここにあります。


整理収納アドバイザー2級認定講座の日程を確認する