ヒトモノラボBLOG

モノを選択する基準、好きと必要は別のもの

  • LINEで送る

こんにちは、ヒトモノラボの石渡知里です。

昨日は今週末に開催される整理収納コンペティション東京予選会の直前準備をしてきました。

少数精鋭が集まっていることもあり素早く準備をしました。持っていく荷物も整理収納アドバイザーらしく少なめです。昨年の予選会を経験しているスタッフがいると減らす作業も捗ります♪

過去の経験を活かして減らすのが整理の良いところです(`・ω・´)
ムダな経験なんか一つもないのだよ。

帰りは原宿経由で帰宅しました。いつも乗り換えるだけでもったいないな~と思っていたので、今日は少し寄り道。

黒のパンツをを探していたので、ファッションの街・原宿のZARAで物色しました。なんとなく原宿のZARAは他のZARAと違うんじゃないかという気分になるのよね~。原宿という街のブランドを過信しすぎかしら(笑)

実は今冬、黒のパンツをリストラしました。理由は丈が流行ではなくなったから。黒のボトムスがなくても生活できるかな~と試していたのですが、やっぱり講師業をしていることもあって必要だという結論になりました。

好きな服ばかり残していると人前に立つ仕事をするための服装が残らなくなってしまいます。私の場合は、意識してプライベートの服(好き)と仕事の服(必要)を分けて収納するようにしないと仕事の時に着る服がなくなってしまうので危険なのです。社会人は大変です。

皆さんが持っている服は好きな服ですか?必要な服ですか?

  • LINEで送る

この1日が意識を変える、暮らしが変わる。

整理収納は自分の「したい」を叶えるためのツールです。


整理収納の理論はモノを片付けるだけではありません。

時間を整理したい、情報を整理したいという要望にも応えることができます。

整理収納とは限られたスペースに収めるモノを選択する技術です。


辛い片付けから、楽しい整理収納へ。

1日で取れる片付けの資格がここにあります。


整理収納アドバイザー2級認定講座の日程を確認する