ヒトモノラボBLOG

コレクションの手放し時とは

  • LINEで送る

こんにちは、ヒトモノラボの石渡知里です。

我が家のカトラリーコーナーで着々と数を増やしていた彼ら、ひょうちゃん。
※ひょうちゃんを知らない方はこちら

いつからか、崎陽軒のシウマイに入っているひょうちゃんを捨てずにとっておくようになりました。最近はシウマイではなくお弁当を買う機会が増えたためひょうちゃんの顔を見る機会が激減しました。

そんな現状もあってカトラリーコーナーの整理をしようと思ったタイミングに整列したひょうちゃんが目に飛び込んだ時は、存在を忘れていた申し訳なさとまだ集めるのかなという戸惑いが混ざったような感情が湧いてきました。

母は私のコレクションとして認識していたようですが、私は自分のコレクションという認識がなかったのです。誰のコレクションか不明だったので 、捨てる前に兄弟にも報告。

妹からストップがかかり、フリーマーケットで売ることになりました。

そこから2日後、母がお気に入りのひょうちゃんを2個確保しました。

各自がお気に入りを所有し、納得できる手放し方を決めたようでよかったです。家族が関わっている持ち物は全員に意思表示をしてもらう必要があるので結構時間がかかりますね。

皆さんの家にあるコレクションはどんなものですか?

  • LINEで送る

この1日が意識を変える、暮らしが変わる。

整理収納は自分の「したい」を叶えるためのツールです。


整理収納の理論はモノを片付けるだけではありません。

時間を整理したい、情報を整理したいという要望にも応えることができます。

整理収納とは限られたスペースに収めるモノを選択する技術です。


辛い片付けから、楽しい整理収納へ。

1日で取れる片付けの資格がここにあります。


整理収納アドバイザー2級認定講座の日程を確認する