ヒトモノラボBLOG

ガタつかないクルトガ、文房具は進化している

  • LINEで送る

こんにちは、ヒトモノラボの石渡知里です。

私は文房具が好きで、学生の時は新商品が出ると買って試していました。
同じ3色ボールペンでもメーカーが違うと赤や青の発色が違うんだよな~とか感じながら自分のお気に入りを探しているような高校生でした。
(…ん?だからモノの量が多いのか??)

現在のお気に入り文房具はこんな感じ。

・ボールペン=ジェットストリーム
・シャーペン=クルトガ
・消しゴム=MONO
・多色ボールペン=LAMY2000(外側のみ好み)
・消えるボールペン=フリクションシリーズ

無くなったら同じものを購入しています。

今回、購入したのはシャーペンのクルトガ。
年末に忘年会の2次会でカラオケに行ってから筆箱が見当たらない。他のシャーペンを使っているとストレスを感じたので買い物に出かけたついでに購入。

クルトガと一言に言っても様々な外観のものがあり迷ったのですが「芯折れ防止機能」の文字に興味を惹かれクルトガアドバンスを購入しました。

初代のクルトガを購入してから他のシャーペンに浮気していなかったため、最近流行の芯折れ防止機能付きシャーペンにチャレンジできていなかったんですよね。(オレンズとかデルガードとか…)

さて、使ってみてどうか?

芯折れ防止機能のことはまだ分かりませんが、書き味が向上してますよ!
初代のクルトガってペン先がガタガタするのがデメリットだった訳ですよ。そこに目をつむってでも一定の尖り具合で書けるメリットが自分に合っていたので使っていたのです。
このデメリットが解消されて、ペン先ガタつかずクルトガしてくれます。

クルトガの発売開始が2008年頃なので10年経つとシャーペンはここまで進化するのかと感動しているところです。感動しすぎて長文になってきました。

同じ商品をリピートする買い方は、次に何を買うか考える時間リサーチする時間を短縮できるので効率的だなと感じています。
まぁ、自分の定番商品にたどり着くまでは時間かかるんですけどね。

皆さん、お気に入りの文房具はありますか?

  • LINEで送る

この1日が意識を変える、暮らしが変わる。

整理収納は自分の「したい」を叶えるためのツールです。


整理収納の理論はモノを片付けるだけではありません。

時間を整理したい、情報を整理したいという要望にも応えることができます。

整理収納とは限られたスペースに収めるモノを選択する技術です。


辛い片付けから、楽しい整理収納へ。

1日で取れる片付けの資格がここにあります。


整理収納アドバイザー2級認定講座の日程を確認する