ヒトモノラボBLOG

共有とは誰かが管理してくれる訳ではない

  • LINEで送る
sharing

こんにちは、ヒトモノラボの石渡知里です。

家ではごろごろしていて片付けに全く興味を示さなかった私ですが、会社の片付けには精を出しつつ、たまに「ちがーーーーう!!」とイライラすることがありました。

それは「共有のスペースは誰が片付けるのか問題」です。

現在、共有の場所は誰が片付けているのか?

家の環境の場合は「お母ちゃん」
会社の環境の場合は総務など「管理部門の誰か」

が片付けている場合が多いのではないでしょうか?

果たしてそれで良いのでしょうか?

自分の場所とは

自分の机、自分の部屋、自分で買ったモノ…

自分で管理する場所は片付いていなくても自分の責任です。

自分の仕事や暮らしをスムーズに したい場合は、自ら進んで片付けをする人も多いのではないでしょうか?

共有の場所とは

あなたも管理者のひとりです。

つまり、共有の場所を快適に使えないというクレームが出た場合の責任はあなたにもあるということです。

ひとりひとりの「片付ける意識」のおかげで共有の場所は片付いています。

片付ける意識の低い人が集まる場所では共有の場所をあえて作らないというのも一つの方法かもしれませんね。

  • LINEで送る

片付く暮らしのキッカケをあなたに。

整理収納は自分自身と向き合う片付けです。

今あるものを使いやすく収納するだけでなく、今後の買い物にも思考を巡らすことで大きなリバウンドをしにくい環境をつくっていきます。

辛い片付けから、楽しい整理収納へ。オンラインの講座でお待ちしています。

整理収納アドバイザー2級認定講座の日程を確認する