ヒトモノラボBLOG

アラサー女性の洋服見直し3段活用「着る、見る、決める」

  • LINEで送る

こんにちは!ヒトモノラボの石渡知里です。

アラサー女性の体形変化は今までの自分が思っていた変化とは大きく違います。
体重は変わりませんが、お胸やお腹やお尻のお肉が増えたり下がったりするのです。 

そんなアラサー女性におすすめの洋服減量方法は…「着る、見る、決める」です。

冠婚葬祭服を「着る、見る、決める」

まずは使用頻度低めの冠婚葬祭のお洋服から。

第一次結婚ラッシュが落ち着いた後、久しぶりの第二次結婚ラッシュ。
あの時のドレスを着ようと思ったら…入らないなんてことが無いように着て確認していきましょう。
自分で無理なくファスナーを上げられるかも大事なポイントです。

洋服を着たらできるだけ全身が映る鏡で見て確認です。
プリーツのヒダが開きすぎていませんか?ミニスカートから出ている脚はメリハリがありますか?
清潔感のある着こなしができていれば合格です。

購入当時の自分が綺麗に見える洋服を買っているはずなのですが、身体のサイズ感が変わってしまうと綺麗に見えなくなることがあります。
それなら今の自分が綺麗に見える洋服に買い替えることを検討した方が良いのかもしれません。
洋服に合わせてダイエットするか?自分に合わせて洋服を変えるか?決めてください。

1年保管が命取り

整理収納アドバイザーは1年着ていない服は不要であるとし減らすことをオススメしていますが、ついつい「いつか着る」として保管してある洋服はありませんか?

とりあえずの1年保管が命取りになるかもしれません。
1年ぶりにお目にかかるお洋服は身体のサイズと洋服のサイズが合っているのか着て確認してみてください。

お胸、お腹、お尻は綺麗に入りましたか?老け見えしないシルエットになっているのか鏡で見て確認してください。
お肉のサイズだけではなく、お肉の位置が変わってきているかもしれません。

最後はこの洋服を今後着るか?別の商品に入れ替えるか決めてください。
自分を好印象に見せてくれる洋服を選択した方が仕事もプライベートも捗る気がしています。

なってみないと分からない身体の変化

30歳になってみないと分からなかった身体の変化です。

石渡はスーツにお尻が入らず「ギョッ」とし、喪服のお腹まわりのゆとりが小さくなっていて「ドキドキ」した今日この頃です。
パーティードレスは入るのか怖くてまだ試せていないのですが、出席する結婚式までに体脂肪率10%減目指してダイエットします!

年齢によって洋服の減らし方も変わってくるかもしれませんね。

  • LINEで送る